はじめまして。kameです。
今回初めてブログを書かせていただくことになりました。
お手柔らかによろしくお願いいたします!笑

今回は、埼玉県越谷市にある叡明高校女子硬式野球部に体験会に行かせて頂きました!

女子チームへ体験会に行かせていただけることは本当に嬉しいです。
チーム数が増えてきているとはいえまだまだ少ないので今回は非常に貴重な体験をさせていただきました。

叡明高校女子硬式野球部は今年で創部7年目。

創部1年目は私の所属している女子硬式野球クラブチーム侍との合同チームでリーグ戦に出場していたんですよ!
それではさっそく叡明高校女子野球部でのキレダス体験会レポートを書いていきます!!!

テクニカルピッチ計測〜キレダス体験会

今回はテクニカルピッチを使っての計測も行いました。
テクニカルピッチでの計測を行ったのは4名の投手。全員右投げで、1名はサイドスローの投手でした。
はじめに4名テクニカルピッチでの測定を行いました。

皆さんとても良いボールを投げていて、特にエースの方は、MAX106km/h 1660回転の重いボールを投げ込んでいました!

計測後はいよいよキレダス体験!
キレダスは野手の方も含め、皆さんに体験して頂きました。
この日は結構風が強く、片側のグループは思いきり向かい風だった為、時々場所を交換しながらキレダスでキャッチボールをしてもらいました。

最初は少し難しかったようで、「上手く投げられないです^^;」と言う子が多かったですが、コツを掴むと、ネットを超えて隣のテニスコートまで投げ込んでしまっている子もいました!笑

感覚の変化

ボールに持ち替え、キャッチボール!
見事ほとんどの選手がキレダスマジックにかかってくれました。

胸に投げようとしていた意識を、足元に投げる意識に変えると段々としっかり胸に投げられるように。
すると、「えー、すごい!」「ボールが伸びてる!」と皆さん球質の差を感じてくれたようで、喜んでくれていました。

私も何度か体験会に同行していますが、この瞬間が一番面白くて、嬉しい瞬間です。

キレダス後の計測。
なんと、、、!
皆さんほとんど変化なし、、、。というのも、この日は気温が低いのに加えて、強風だったため計測までに肩が冷えてしまったようでした、、、。

指にかかる感覚は感じてくれたようだったので、球速が出ていないことに選手の皆さんは首をかしげていました。

こちらのチームではテクニカルピッチをすでに導入されているとのお話だったので、ぜひ暖かい日にまたキレダスbefore、afterを試していただけたら嬉しいです!

今回数字では変化が出せなかったですが、感覚が良くなったと答えてくれた選手がほとんどでした。

*叡明高校の選手の皆さんは返事や礼儀、挨拶がきちんとしていて応援したくなるチームでした。
リーグ戦などでお見かけした際はひっそりと応援してますね!笑

監督さんとのやりとり

叡明高校女子野球部の監督さんは元女子プロ野球選手で投手として活躍されていた方です。

体験会に行かせて頂く前にグラウンドでお会いした際、アスリートを試しに投げていただくと、ピュンッと軽く20m程を簡単に真っ直ぐ投げられていて本当に驚きました。

その際にも、「リリースの感覚が良くなりそう。」と仰ってくださいました。
当日にお話させていただいた際には、選手たちがキャッチボールで暴投になることが多いのが気になるというお話をしていました。

キレダス後のお話では、「縮こまって投げていた腕が、しっかりと振れているように感じた。」と言ってくださいました。
これからたくさん練習で使用して頂き、送球・投球の改善に役立てて欲しいです!

最後に〜キレダス体験会のご案内〜

キレダス体験会にご興味のある方は下記リンクより詳細をご確認していただけます。

随時募集しておりますが、日程の調整などが必要となりますのでお早めにお問合わせいただければと思います。

⬇体験会の詳細はコチラ⬇