こんにちは。

kameです。

今回は先日の天才野球少年しょうきちくんたちとの体験会について書いていきます。

天才野球少年しょうきちくんとは

1歳半にも満たない男の子が置きティーでしっかりバットにボールを当ててバッティングをする姿が話題になりInstagramを通して人気が出ました。

可愛らしい見た目と抜群の野球センスであっという間にフォロワーは2.6万人!

私もInstagramからしょうきちくんのことを知りました。

その後は女子プロ野球の始球式に呼ばれたり、テレビで取り上げられたりと

その人気っぷり、天才野球少年っぷりで大活躍!

そんなしょうきちくんが最近頑張っているのはピッチャー!

少年野球チームでは、小学生に混ざって、ピッチャーとして登板することも!!!

本当にすごいと思いました。

そんなしょうきちくんに今回キレダスを体験してもらいました!

(写真は1歳半頃の練習中)

 

体験会当日

体験会には2家族、3名が参加してくださいました。

室内練習場に入ってきたしょうきちくんは、少し緊張している様子でした。

お兄さんのゆうまくんとキャッチボールでアップを始めると、Instagramで見ている通りしっかり投げてしっかり捕球していてほんとうに5歳とは思えないくらい上手でした。

涼しい顔でショートバウンドを捌いている姿には本当に驚きました!

(アップ途中でゆうまくんのボールがぶつかってしまい泣いている姿はまだ5歳らしくて可愛かったです笑)

 

 

しょうきちくんキレダス体験

キレダスのことは知っていてくれたようで、持ち方も知ってくれていました。

「こうでしょー?」と自信満々でしたが、ちょっとだけ深く握りすぎてしまっていたので、目安としては投げるときに羽が上を向くくらいの位置で持つのがベストです!

(「こうでしょー?」)

(「もう少し浅く!羽が上を向くようにね!」)

 

 

持ち方を直してさっそく体験!

さすがしょうきちくんは、キレダスもしっかり投げられていました!

その様子はYouTubeで公開されるのでお楽しみに!

 

ボールに持ち替えて…

ボールに持ち替えると、キレダスの効果を感じてもらえたようで、最初のキャッチボールよりノビのある良いボールを投げられていました!

「ボールが重く感じる」と言っていたのですが、キレダス自体が肩肘に負担なく投げられるように軽く作られているというのもありますが、ボールを押し出す感覚、指にかかる感覚が出てくるとボールを重く感じることもあります。

ボールが重く感じていてもノビのあるボールが投げられている場合は、指にかかるようになってきているので良い感覚です!

 

最後に…

今回ずっとお会いしてみたかったしょうきちくん家族に会うことができてとても嬉しかったです!

しょうきちくんはやっぱり【天才野球少年】でした!!!

これからも応援しています!

もう一家族のお話も次回させていただこうと思っているので次回のブログもぜひ読んでください!

しょうきちくんたちの体験会の様子はこちらのYouTubeで御覧ください^^