スポーツでもっと英語を楽しく

親必見⚾️!ケガをしない靭やかな体になるための基本姿勢

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

姿勢が崩れている野球少年には、必ずマシンを使ったり体幹トレーニングを優先して姿勢を整えることに取り組んでもらいます。

何度もお伝えしている通り、姿勢整えバランスを良くすることで格段にフォーム修正がしやすくなります。

まずは自分がどんな姿勢になっているのかしっかり理解することが必要です。

ここの理解を深めておくことで、トレーニングの意図の理解も徐々に深まってくることは選手たちの成長を見ていても明らかです。

カメラで姿勢を撮影してもらい、自分自身がどんな状態なのかチェックしてみましょう。

小学4年生ですが良いモデルです⚾️

中央のオレンジのスティックに体のラインがしっかりとのっています👍🏻

⚾️よい姿勢のメリット⚾️

① 骨や筋肉、関節に余計な負荷が最小限に抑えられるので疲れにくい。

⇒ケガの予防! 練習がたくさんできる体!

② 筋肉がニュートラルな状態が保つことができる。

⇒力みにくいので動作が靭やかに! 肩こりや腰痛にもなりにくい。

③ 骨格内にある内蔵にも負荷がかかりにくい。

⇒病気にもなりにくい!代謝UP!ダイエットにも○!

 

💪🏻支えている筋肉たち💪🏻

*こちらは覚える必要はありません。

さらにレベルを高めるタイミングが来たときにでも覚えてみてください。

あとは整骨院などへ治療に行った際の説明などで使うと先生も勉強している人だと思い対応が少し変わるかもしれません!笑

さまざまな筋肉が体を支えて引き上げています🚶‍♂️

<体を引き上げている筋肉>

・背中の

>脊柱起立筋郡

・お腹の深部にある

>腸腰筋

・太もも前面の

>大腿四頭筋

・太もも後ろの

>ハムストリングス

・ふくらはぎの

>下腿三頭筋など

 

”良い姿勢”まとめ

正しい姿勢をごく普通に取り続けること。

簡単なようで難しそうでしょうか?

ギターをしている人は分かると思うのですが。ギターを弾くまえに必ず音チューニングします。

体の姿勢を整えることはそれと同じようなことだと思っています。

前日の運動や定期的に続けているトレーニング内容などで日々微妙に姿勢は変化します。

姿勢が大きく変化する前に自分で気づき修正することが大事です。

元に戻すことはそれなりに時間を必要とすることは大人になった会員さんとも日々接しているので痛感しています。

子どもの頃にしっかり体で学んでほしいことです。

 

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

次回の更新もお楽しみに😌

Back Stage Baseball⚾️三浦

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Back Stage , 2019 All Rights Reserved.