スポーツでもっと英語を楽しく

日本人メジャーリーガー名言集 イチロー

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -


#自分自身が何をしたいのかを忘れてはいけません

 

#重圧がかかる選手であることは誇りに思う

 

#少しずつ前に進んでいるという感覚は、人間としてすごく大事

 

#しっかりと準備もしていないのに、目標を語る資格はない

 

#ぼくが数字で満足することはあり得ません。なぜなら、数字が内容を反映しているとは限らないからです。目標を設定して、そこに到達すればそこで満足してしまって、先へ進む努力をしなくなるでしょう。毎打席、何かしら、学ぶべきこと改良すべきことがあります。満足は求めることの中にあるんです

 

#グラウンドの上では自分の築きあげてきた技術に対する自信。今までやってきたことに対する自信。『やりたい』と思う強い気持ちが支えになります

 

 

#自分のプレイに驚きはありません。プレイそのものは自分の力の範囲内です

 

 

#特別なことをするためには普段の自分でいられることが大事です」

 

 

#手抜きをして存在できるもの 成立することがおかしい

 

 

#何かを達成した後は気持ちが抜けてしまうことが多いので、打った塁上では「次の打席が大事だ」と思っていました

1994NPBドラフト会議にて4位指名される

#結果を出せないと、この世界では生きていけません。プロセスは野球選手としてではなく人間をつくるために必要です

 

 

#誰よりも自分が(自分の活躍に)期待しています。自信がなければこの場にいません。プレッシャーがかかる選手であることが誇りです

 

 

#なにかを長期間成し遂げるためには考えや行動を一貫させる必要がある

 

 

#他人が言う成功を追いかけ始めたら何が成功か分からなくなってしまいます

 

 

#他人の記録を塗り替えるのは7割、8割の力でも可能だが、自分の記録を塗り替えるには10以上の力が必要だ

 

 

#試合後はロッカーや車の中で気持ちの整理をします。いい結果も、悪い結果も家には持ちかえりません

 

 

#メンタルな部分が及ぼす肉体への影響は、とてつもなく大きい

 

 

#特別なことをするために特別なことをするのではない、特別なことをするために普段どおりの当たり前のことをする

 

 

#僕はいつも一生懸命プレーしていますが、今日はよい結果が出なかった。でも、だからといって後悔もしていないし、恥ずかしいとも思っていません。なぜなら、できる限りの努力をしたからです

 

 

#驚かれているならまだまだです。驚かれないようになりたいです

 

#パワーは要らないと思います。それより大事なのは 自分の「形」を持っているかどうかです

 

 

#練習で100%自分を作らないと打席に立つことは出来ません。自分の形を身に付けておかないと、どん底まで突き落とされます

 

 

#チームに乗せてもらうことはありますが、そういう時は少ないのです。チームの流れとは別のところで、自分をコントロールしてきたつもりです

 

 

#なりふりかまわないで自分の行きたい道を進むこと

 

 

#ハイレベルのスピードでプレイするために、僕は絶えず体と心の準備はしています。自分にとって最も大切なことは、試合前に完璧な準備をすることです

 

 

#僕は天才ではありません。 なぜかというと自分が、 どうしてヒットを打てるかを 説明できるからです

 

 

#準備というのは、言い訳の材料となり得るものを排除していく、そのために考え得るすべてのことをこなしていく

 

 

#小さいことを積み重ねるのが、とんでもないところへ行くただひとつの道だと思っています

 

 

#僕は仰木監督によって生き返らせてもらったと思っています。監督はたとえ数試合安打が出なくても、根気よく使ってくれました。その監督に感謝するためにも、いい成績を残したかった

 

 

#ヒット(打率ではなく)を一本増やしたいとポジティブに考えるのです。そう思っていれば打席に立つのが楽しみになりますよね

 

#ぼくのプレイヤーとしての評価はディフェンスや走塁を抜きにしては測れない。どの部分も人より秀でているわけではないし、すべてはバランスと考えています

 

 

#どんなに難しいプレーも、当然にやってのける。これがプロであり、僕はそれにともなう努力を人に見せるつもりはありません

 

 

#どんな状況でも一定のラインをクリアするのがプロです

 

 

#まず自分の好きなことを見つける。そうすれば、自分を磨けるし、先へ進める

 

 

#何かをしようとした時、失敗を恐れないでやってください。失敗して負けてしまったら、その理由を考えて反省してください。必ず将来の役に立つと思います

 

 

#チームの調子が悪くても自分が崩れることはありません

 

 

#自分のしたことに人が評価を下す、それは自由ですけれども、それによって自分が惑わされたくないのです

 

 

#人のアドバイスを聞いているようではどんどん悪いほうにいきます。周りは前のフォームがどうだったとか言いますが実はそんなことはたいしたことではないのです。精神的なものが大きいと思います。どうやって気分を替えるかとかそういうことが大事です

 

 

#相手が変えようとしてくるときに、自分も変わろうとすること、これが一番怖いと思います

 

 

#第三者の評価を意識した生き方はしたくない。自分が納得した生き方をしたい

 

#自分の思ったことをやりつづける事に後悔はありません。それでもし失敗しても後悔は絶対に無いはずですから

 

 

#はじめから、今があったわけではありません。状況は少しずつ変えていけるものです

 

 

#12年間で2000本安打を達成する

 

 

#プレッシャーはかかる。どうしたってかかる。逃げられない。なら、いっそのことプレッシャーをかけようと

 

#今、自分にできること。頑張ればできそうなこと。そういうことを積み重ねていかないと遠くの目標は近づいてこない

 

 

#進化する時っていうのは、カタチはあんまり変わらない。だけど、見えないところが変わっている。それがほんとの進化じゃないですかね

 

 

#自分を客観的に見て、やるべきことをやります。それは、どんなときにも変わらないものなのです

 

 

#自分で無意識にやっていることを、もっと意識をしなければならない

 

 

#常に、先の事を予測する習慣をつけることが大事

 

 

#何年、野球をやっても勉強することがあるのです

 

#実戦でないとできないことがあります。一瞬の判断は練習では養われません

 

 

#初心を忘れないことっていうのは大事ですが、初心でプレイをしていてはいけないんです。成長した自分がそこにいて、その気持ちでプレイしなくてはいけない

 

 

#妥協は沢山してきた。自分に負けたこともいっぱいあります。ただ、野球に関してはそれがない

 

 

#同じ練習をしていても、何を感じながらやっているかで全然結果は違ってくるわけです

 

 

#本物でないものはすぐに見破られます

 

 

#汚いグラブでプレイしていたら、その練習は記憶には残りません。手入れをしたグラブで練習をしたことは、体に必ず残ります。記憶が体に残ってゆきます

 

 

#メジャーリーガーの凄いところは、一度『あっ、すごい選手だ』と認めたら2500本もヒットを打っている選手でも聞きに来ます。それが偉大な点ですね

 

 

#人に勝つという価値観では野球をやっていない

 

 

#そりゃ、僕だって勉強や野球の練習は嫌いですよ。誰だってそうじゃないですか。つらいし、大抵はつまらないことの繰り返し。でも、僕は子供のころから、目標を持って努力するのが好きなんです。だってその努力が結果として出るのは嬉しいじゃないですか

 

 

#考える労力を惜しむと前に進むことを止めてしまうことになります

 

#憧れを持ちすぎて、自分の可能性を潰してしまう人はたくさんいます。自分の持っている能力を活かすことができれば、可能性は広がると思います

 

 

#決して、人が求める理想を求めません。人が笑ってほしいときに笑いません。自分が笑いたいから笑います

 

 

#自分のできることをとことんやってきたという意識があるかないか。それを実践してきた自分がいること、継続できたこと、そこに誇りを持つべき

 

 

#前向きに食事をし、前向きに買い物をした。何事も前向きに行動することが可能性を生む

 

 

#びっくりするような好プレーが、勝ちに結びつくことは少ないです。確実にこなさないといけないプレーを確実にこなせるチームは強いと思います

 

 

#思うようにいかない時にどう仕事をこなすか。これが大事です

 

 

#自分が全く予想しない球が来た時に、どう対応するか。それが大事です。試合では打ちたい球は来ない。 好きな球を待っていたのでは終わってしまいます

 

 

#打線が苦しい時には、守備とか走塁で流れをつくるのが野球の基本です

 

 

#キライなことを やれと言われてやれる能力は、 後でかならず生きてきます

 

 

#期待はいくらかけてもらっても構わないんですけど、僕は僕以上の力は出せないので、自分の力を目一杯出すしかないということですね

 

#大切なのは、自分の持っているものを活かすこと。そう考えられるようになると、可能性が広がっていく

 

 

#僕は僕の能力を知っていますから、いくらでも先はあるんですよ。人の数字を目標にしているときというのは自分の限界より遙か手前を目指している可能性がありますけど、自分の数字を目指すというのは、常に限界への挑戦ですから

 

 

#何事も前向きに行動することが可能性を生むんです

 

 

#現役中に、過去のことを懐かしんではいけません

 

 

#練習で作った形を100%としたら、70%や80%の力で結果を出さないといけません

 

 

#びっくりするような好プレイが、勝ちに結びつくことは少ないです。確実にこなさないといけないプレイを確実にこなせるチームは強いと思います

 

 

#苦しみを背負いながら、毎日小さなことを積み重ねて、記録を達成した。苦しいけれど、同時にドキドキ、ワクワクしながら挑戦することが、勝負の世界の醍醐味だ

 

 

#どうやって、ヒットを打ったのかが問題です。たまたま出たヒットではなにも得られません

 

 

#努力せずに何かできるようになる人のことを『天才』というのなら、僕はそうじゃない。努力した結果、何かができるようになる人のことを『天才』というのなら、僕はそうだと思う。人が僕のことを、努力もせずに打てるんだと思うなら、それは間違いです

 

 

#成績は出ているから今の自分でいいんだ、という評価を自分でしてしまっていたら、今の自分はない

 

#逆風は嫌いではなく、ありがたい。どんなことも逆風がなければ次のステップにいけないから

 

 

#アップの時には全力で走るとか、早く来て個人で練習しているとか、そんなことは僕にとって当たり前のこと

 

 

#ここまで来て思うのは、まず手の届く目標を立て、ひとつひとつクリアしていけば最初は手が届かないと思っていた目標にもやがて手が届くようになる ということですね

 

 

#夢は近づくと目標に変わる

 

 

#夢や目標を達成するには1つしか方法がない。小さなことを積み重ねること

 

 

#「楽しんでやれ」とよく言われますが、ぼくにはその意味がわかりません

 

 

#気持ちが落ちてしまうと、 それを肉体でカバーできませんが、 その逆はいくらでもあります

 

 

#キャンプでいろいろと試すことは、ムダではありません。ムダなことを考えて、ムダなことをしないと伸びません

 

 

#夢を掴むことというのは一気には出来ません。小さなことを積み重ねることでいつの日か信じられないような力を出せるようになっていきます

 

 

#成功とはとても曖昧なものです。他人が思う成功を追いかける必要はありません

 

 

#調子が悪い時こそ、全力でプレーすることが大事

 

 

#壁というのは、できる人にしかやってこない。超えられる可能性がある人にしかやってこない。だから、壁がある時はチャンスだと思っている

 

 

#しんどい思いは早くしておくことですね。早い段階で

 

 

#プレッシャーに潰れるようだったら、その選手はそこまで

 

 

#どんな負けかたをしようと1日に2敗することはありません

 

 

#やってみて『ダメだ』とわかったことと、はじめから『ダメだ』と言われたことは、違います

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Back Stage , 2019 All Rights Reserved.